摂取時の注意点

オリゴ糖はそれほど危険な成分は含まれていないので、摂取して副作用が現れるということはありませんが、だからと言って摂取する時に何も考えないのはあまりよくありません。摂取時にはいくつか注意点が存在しているので紹介します。

まず注意点としては過剰に摂取し過ぎは避けることです。何事でもそうですが、たくさん摂取すれば効果があるというわけではありません。適量としては大人はスプーン一杯程度と言われており、子供は大人の半分くらいが適量だと言われています。なるべく適量は守って飲むようにしたほうが健康的にも安心でしょう。

続いての注意点としては薬を飲んでいる場合です。人によっては常時服用している薬があるという人もいますが、こういった場合には一度お医者さんに相談してから摂取について考えることが大切です。例えば、薬によってはオリゴ糖の動きを半減させる場合や体に合わないということもあるので、薬を摂取している人は一度相談してから検討するといいでしょう。

このようにここでは摂取する際の注意点について説明をしましたが、正しい方法で摂取することで便秘の対策などにも繋げることができます。摂取する前には基本的な知識はある程度身につけておくといいでしょう。

自分に合うオリゴ糖を選ぼう

オリゴ糖は便秘の改善に効果があると言われていますが、だからこそ自分に合うものを選びたいと思う方が多いのではないでしょうか。実際に種類は多く、どれをセレクトしたらいいのか迷うことがあります。なるべく腸内に合うタイプを選ぶためにもこだわって選ぶことは大切なので、ここではどんなオリゴ糖を選択したらいいのかについてお伝えします。

まず、1つ目はオリゴ糖の含有量について確認をしておきましょう。オリゴ糖は商品によって含有量が異なり、中には50パーセントや90パーセントなど様々です。結論から言うと含有量は高ければ高いほどオリゴ糖が含まれているので選んだ方がいいと言われています。実際に低いものは余分に砂糖が含まれていたりしてあまり健康的に良くないので、なるべく純度の高いオリゴ糖を選択するといいでしょう。

また、2つ目は天然成分から作られているオリゴ糖を選ぶことも大切です。オリゴ糖の中には化学物質が含まれているものも存在しており、安全性が低いタイプもあります。例えば赤ちゃんや妊婦さんに与える時に化学物質が含まれていると安心はできません。安心して摂取してもらうためにも天然成分から作られているオリゴ糖を選ぶようにするといいでしょう。

オリゴ糖が便秘の改善になる理由

便秘で悩んでいる人たちにとってオリゴ糖は必須アイテムと思っている人も多いのではないでしょうか。実際に便秘に効く可能性が高いと言われていますが、どのような作用があることで便秘改善に繋がっているのでしょうか。まずはなぜ、オリゴ糖が便秘の改善に効果があると言われているのかについて説明します。

理由は大きく分けると2つありますが、1つ目は善玉菌を増やす効果があるからです。腸内環境を整えるためには善玉菌を腸に入れることが大切ですが、オリゴ糖が善玉菌を腸内に運ぶのかというとそうではありません。実はオリゴ糖は善玉菌を摂取できるのではなく、善玉菌のエサになり、善玉菌を元気にすることができる成分です。その為、例えば毎日のようにヨーグルトなどを摂取しているという場合は、オリゴ糖も一緒に摂取することでさらに善玉菌を元気にし、結果増やせる可能性があるというわけです。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、便秘などの解消に繋がっています。

では、どうやって「善玉菌」が優勢な状態にするかというと…
「善玉菌」にたくさんエサをあげて、善玉菌を元気にするのです!そして、そのエサが「オリゴ糖」という訳なんです。「オリゴ糖」は善玉菌のエサになり、善玉菌を元気にします。元気になった善玉菌は縄張り争いで「悪玉菌」に勝利し、腸内環境を整え、便秘を解消してくれます。

また乳酸菌などと違い、遠い腸まで届くことが理由で便秘などの解消に繋がっていると言われています。腸内環境を整えるためにはヨーグルトを食べるといいという話を聞くこともありますが、実はヨーグルトなどの乳酸菌はなかなか腸まで届かせるのが難しいと言われています。しかし、オリゴ糖は胃で消化、分解がされにくい成分になるので、腸までスムーズに運ぶことができます。これによって善玉菌のエサになり、腸内の環境を整えることが可能です。